ฅ灰猫の日記ฅ

どうも、灰猫です。日々過ごしていて思ったあれこれを書いています。

【最終巻】パステル家族15巻

どうも、灰猫です。

 

 

 

ついに出ました。

 

そして買いましたよ。

 

パステル家族15巻、最終巻です。

 

パステル家族(15) (アクションコミックス(comicoBOOKS))

パステル家族(15) (アクションコミックス(comicoBOOKS))

  • 作者:セイ
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2020/02/12
  • メディア: コミック
 

 

f:id:Ash-Cat:20200220020558j:plain

f:id:Ash-Cat:20200220020612j:plain

f:id:Ash-Cat:20200220020624j:plain

f:id:Ash-Cat:20200220020628j:plain

 

comicoではまだまだ連載は続きますが、書籍化は今回で最後。

 

転校生の回や、書き下ろし最終回が収録されています。

 

comicoの方でも毎週読み、コミックも毎巻購入していました。

 

最終巻というのは悲しいですが、今回で一区切り。

 

ひとまずはお疲れ様です、セイ先生。

 

 

そして、毎度おなじみ色紙プレゼントもあります!

 

f:id:Ash-Cat:20200220020635j:plain

 

まあ僕は毎回出そうと思いつつ気づいたら有効期限が過ぎて出せてないんですよね。

 

こ、今回こそ出すぞ・・・

 

 

さて、最終巻ということは一気買いが出来ますね。

 

気になってた方はこれを機に買い揃えましょう!

 

そして続きはcomicoで!!

 

apps.apple.com

play.google.com

やっぱり健康第一

どうも、灰猫です。

 

 

 

アトピーで皮膚がただれて、

 

かゆみ痛みの我慢で心身共にボロボロだった地獄の日々からようやっと抜け出し

 

皮膚も回復してきました。

 

皮膚科に行けない期間は患部にワセリンを塗ったりしてなんとかしのいでましたが、

 

やっぱり皮膚科で処方されるものには敵いませんね。

 

 

医者嫌いではないのですがなかなか時間が作れないんですよね。

 

すぐ行った方がいいとわかっててもね。

 

滅入っている時は医者に行くのも面倒に感じちゃいますし。

 

 

でも健康第一。

 

まずは体調を崩さないこと。

 

崩したらすぐ療養すること。

 

骨身に染みてわかってるんですけどね。

 

なるべく実践したいですね。

【オススメ曲】ハンブレッダーズ「ユースレスマシン」【世界を変える娯楽を】

どうも、灰猫です。

 

 

 

ハンブレッダーズの「ユースレスマシン」という曲を知ってますか?

 

いや、僕も最近知ったんですけど。

 

YouTubeのホーム画面に、オススメ動画で出てきたんですが、

 

まあ見事にハマりました。

 


ハンブレッダーズ「ユースレスマシン」Music Video

 

 

 

こんなこと言うとおっさん臭いかも知れませんが、

 

声や歌詞の節々に若さを感じてしまって、そこに惹かれてしまいました。

 

この先の人生に必要がないもの

心の奥がザラつくような一瞬を

                ハンブレッダーズ/ユースレスマシン

 

軽快な演奏、キャッチーなメロディー、まっすぐな歌声。

 

爽やかで軽やかな印象を受けますが、そのなかにも熱いメッセージが盛り込まれて

 

ボーカルの声質によってそれがストレートに伝わる。

 

バンドとして突き詰めた型なのでしょうか、そこがすごくいい。

 

“ベスト盤には入ってないあの曲が好きなんだ

わかりやすいモノだけが答えじゃないから"

                 ハンブレッダーズ/ユースレスマシン

 

この曲を聴いてて、

 

声を大にしては言わないけど心の隅で思っていることだったり、

 

自分が信じていることは自信を持っていたり、

 

そんな心意気を感じました。

 

 

最近いい音楽と巡り合えていて幸せです。

 

娯楽はどこまで追い求めてもいいものですね。

 

“小切手もノウハウも必要がない魔法

世界を変える娯楽を”

                 ハンブレッダーズ/ユースレスマシン

トキメキって大事って話

どうも、灰猫です。

 

 

 

子供の頃はジュースの缶をあける瞬間が好きでした。

 

タブをあける時のあの、あの感触、ジュースの味への期待

 

ただジュースを飲むだけなのにあんなワクワクてたんですよね。

 

 

だというのに大人になった今や、

 

日中は缶コーヒー飲んだりエナジードリンク飲んだり。

 

夜には缶ビール飲んだり缶チューハイ飲んだり。

 

缶をあけるのがすっかり当たり前になってしまって、

 

まったくワクワクしてないということに最近気づいてしまいました。

 

あの頃のワクワクはどこに行ってしまったんでしょうね。

 

 

5才でおなじみチコちゃんの某番組では、

 

「大人になるとあっという間に1年が過ぎるのは、人生にトキメキがなくなったから」

 

の話でこんなことを言ってました。

 

子供の頃には色んな感情が出てきていたことも、

 

大人になったらただの作業になってしまう。

 

トキメキが少ないから時間の経過が早く感じる。

 

子供と一緒に行動すればあの頃の感覚が戻るかも。

 

 

 

 

あ、これだな。

 

これだわ。

 

 

子供の頃の缶をあけるだけでワクワクしてたことを思うと、

 

今のただ作業で缶をあけている現状が寂しいし、虚しい気がします。

 

今度から子供の頃みたいにワクワクしながら缶をあけてみれば、

 

ちょっとはときめいて、虚しくなくなるかも知れませんね。

 

 

トキメキって大事!

 

ではでは。

【最近ひたすら聴きまくり】阿部真央とハンバートハンバートのオススメ曲紹介+α

先日、回転寿司に行ったんですが、

 

お寿司を2、3皿食べた後にあっついお茶とガリを交互に食べてたら

 

それで満足しそうになりました。

 

お茶が染み入る季節ですね。どうも、灰猫です。

 

 

 

さて、今日はそんな染み入る曲を2曲オススメさせてください。

 

 

まずは、阿部真央さんの「今夜は眠るまで」です。

 

  

買い物中に店内放送で流れていて、

 

「あ、これ凄い良い曲だ」と思い即行で調べたらこのMVが出てきました。

 

もともと阿部真央さんが好きだった訳ではなくて、この曲で初めて聴きました。

 

あぁ 今夜は眠るまで側にいて欲しいの

気づけば貴方がいない朝など

もう来なくて良いんだよ

                   今夜は眠るまで/阿部真央

 

僕、失恋ソングが結構好きなんですけど、

 

この曲は、いっそ失恋できたほうがいいという苦しい恋愛を歌ってます。

 

阿部真央さんの声からは力強さ=芯の強さを感じるんですが、

 

そんな芯の強い人でも苦しい恋愛を打破できず嘆いてしまってる、

 

そんな印象を受けました。

 

サビの歌詞が沁みますね、心に刺さりますね。

 

あぁ こんなのダメだって分かってはいるけど

心が「貴方しかいないんだ」と

叫んでうるさいよ

                   今夜は眠るまで/阿部真央

 

聴けば聴くほど胸の締め付けられる、切ない曲ですよね。 

 

カラオケに入ったら間違いなく一人カラオケに行って歌いまくるでしょう。

 

 

ちなみにこの曲は、2020年1月22日に発売する阿部真央さんの9thアルバム、

 

「まだいけます」に収録されるようです。

 

楽しみですね。

 

 

 

そしてもう1曲。

 

知ってる人は「今更?」と思うかも知れませんが、最近出会ったこの曲、

 

ハンバートハンバート「ぼくのお日さま」です。

 



2014年の曲なんですね。

 

繰り返しになりますが、僕は最近知りました。

 

オススメされて聴いてみたら、聴き込む必要もなく1発ではまりました。

 

こみあげる気持ちで

ぼくの胸はもうつぶれそう

きらいなときはノーと

好きなら好きと言えたら

             ぼくのお日さま/ハンバートハンバート

 

言いたいことがうまく言えない。

 

でも言いたいことは確かにそこにちゃんとあって。

 

あふれそうなくらい、つぶれそうなくらいあって。

 

でもやっぱり言えない。

 

そんな自分を責めてしまいそうになっても、

 

「その気持ち、分かるよ。大丈夫だよ」って言ってもらえるような曲です。

 

 

何が良いって、まず曲の雰囲気が研ぎ澄まされてると思うんですよね。

 

オススメしていた方も、

 

「声もいい、コーラスもいい、全部が全部バランスが良くて無駄が無い」

 

と説明してました。

 

本当にその通りで、楽器の音作りもいいですし、

 

お二人の声も特徴的でとてもいい。

 

なんと言ってもコーラス、ハモりの掛け合いが凄くいいです。

 

ハモりパートで言葉につまるを表現したり、

 

サビでは言えなかった思いの丈をある種晴れやかに伸びやかに歌ったり。

 

大事に大事に作り上げたのだろうなと思うばかりです。

 

歌ならいつだって

こんなに簡単に言えるけど

世の中歌のような

夢のようなとこじゃない

             ぼくのお日さま/ハンバートハンバート

 

この心地よい雰囲気にのまれて、ここ最近は本当によく聴いています。

 

聴いてるこちらも気持ちがこみあげてきちゃいますね。

 

思わず一緒に歌ってしまいます。

 

 

 

ちなみになんですが、この「ぼくのお日さま」を知ったきっかけ、

 

オススメしていた方はこちらです。

 



YouTubeでギターの所謂フィンガースタイルを中心に奏法解説や

 

ギターに関する話をされている大森ごうすけさんです。

 

「ソロギターでアレンジして良かったらシェアしたい 」と言われていたので、

 

ひょっとしたら続きの奏法解説が出るかも?しれませんので、

 

気になった方はチャンネル登録してみては?

 

 

 

という訳で、曲紹介+αでした。

 

ではでは。

【津田健次郎を堪能しよう】漫画『極主夫道』実写PVの話

どうも、灰猫です。

 

 

 

「極主夫道」という漫画をご存知でしょうか。

 

極主夫道 1巻: バンチコミックス

極主夫道 1巻: バンチコミックス

 

 

元・最凶ヤクザが選んだのは、主夫としての道だった――。

 鬼才の新鋭作家がおくる、アットホーム任侠コメディ!

 

元ヤクザが主夫として家事などをしていくコメディ漫画です。

 

僕はニコニコ漫画で読んでいます。

 

seiga.nicovideo.jp

 

そんな極主夫道なんですが、去年の12月に実写PVがYouTubeにアップされました。

 

それがこちら。

 


『極主夫道』(著:おおのこうすけ)実写版PV

 

なんと、主人公・龍役は声優の津田健次郎さん。

 

原作を読んでる方はみんな思ったとおもうんですが、

 

津田健次郎さんは龍そのもの、

 

ぴったしなんです。

 

ドスの利いた声ももちろん、鍛えられた上半身、怖面の顔、

 

「これ以上役に合う人いるのか?」と思うくらいのキャスティング。

 

もう最高ですよね。

 

このまま深夜ドラマで放送してほしいくらいですよ。

 

ホントに、ドラマ化してください。

 

お願いします。いやマジで。

 

 

 

ちなみに、連名ですが津田さんはこのPVの監督もやられているそうです。

 

 

 「龍のイメージを壊さない様に演じました」と言われてますが、

 

壊すどころか龍でしかないです。すばらしいです。

 

 

 

いやぁ、ドラマ化決定が楽しみですね。

 

ではでは。

おみくじの話

お久しぶりです、灰猫です。

 

 

 

年末年始、仕事のバタバタや忘年会・新年会のあれこれで

 

しばらくブログがストップしていましたが、

 

今日からまたちょこちょこと書いていこうかと思います。

 

 

そういえば年始、初詣に行っておみくじを引いたんですが、

 

引越しを考えているところに「転居 そのまゝ居るが安全」と出てしまって

 

なんだかなぁって感じでした。

 

あと「恋愛 父母に相談せよ」もなんだかなぁ・・・。

 

両親に相談とかはずいじゃんよ(笑い)

 

あ、でも年数回の旅行が趣味なので「旅行 行ってもよろし」だったのは嬉しいです。

 

(まあ、おみくじは全部が全部信じちゃいませんがね。)

 

 

 

今年はどんな年になるか、楽しみですね。

 

去年は「こうなりたいなぁ。そのためにはこういうことをしていって・・・」と

 

理想を抱いてはいたものの、腰が重く行動があまり起こせず仕舞いだったので、

 

今年の抱負は「変わることに前のめり」です。

 

2020年、頑張るぞ。ガルバンゾ